アクティバン(平成18年式MT4WD)の磨き

さて今回は平成18年式MT4WDのアクティバンの外装の磨きです。

img_1005

しっかりと8年間の汚れが付いてボディに白くくぐもったように
なっています。
通常の洗車ではこういった汚れは中々落ちません。
さらに力を入れて擦れば余計にアクティバンにキズが付きます。

洗車をした後にアクティバンにマスキングを行いします。

img_1012

アクティバンの磨きはそうそうありません。以前行ったのが
当社のレンタカーのアクティバンでした。
仕事でキャリアを載せていたせいかルーフにはキャリアの汚れ
まで付いていました。

さてマスキングが完了していよいよ磨きです。
今回は汚れを落とすことに重点を置いた磨きをします。
もしこのアクティバンの購入者が
「ついでにコーティングも・・・」
と言った場合に磨きシロを残して於けば鏡面仕上もしやすくなる
ためです。

普通車と違っアクティバンはボンネットの面積が小さい分
作業がし易いのが個人的には気に入ってます。
光が当たりやすくキズの確認もし易いからです。

アクティバンのルーフ、サイドパネル、リアドアの順で磨いて行くと
あっという間に時間が過ぎます。

カメラの腕前がそれほど良くないですが磨いた部分と
磨いてない部分の比較を分かりやすいようにしてみました

img_1027

まず、マスキングテープで枠と取り片方をマスキングテープ
で完全に隠します。
こうするとマスキングテープで隠した部分はそのまま残ります。
磨きを行なうとこちらの状態になります。

img_1029

正面からだと全くわからないので斜めに映るとようやくわかります。

img_1030

 

白い線がアクティバンに残っていますがこれが磨く以前の状態です。

img_1031

 

作業が完了後、磨きに使ったコンパウンドを洗い落とします。
これで後はプライスボードを付けて店頭に並べます。
このアクティバンが気になる方はぜひ見に来て下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + five =