フラット7の疑問その①

月々一万円から新車軽自動車が乗れるフラット7飯田中央店です。
おかげさまでフラット7を検討していただけるお客様が多くなってきています
当店に来店しては疑問を投げかけてくれる方もいらっしゃいます。
今回はそんなよく聞かれる疑問を掲載してみました

なぜこんなに安いのか?

チラシやテレビCM見て来店するお客様がよく聞かれる疑問です。
確かに車両価格だけでなく車検費用
車検費用の相場はおおよそ8万円でそれが2回
自動車税は10800円でそれが7年間
オイル交換は5000キロ毎又は半年1回で13回
価格はピンからキリまであり1Lで1500円から3000円ぐらい
フロアマット、バイザーが1万円以上掛かります
そして軽自動車自体も価格は年々高くなっています。

その仕組みはこのイメージ図のようになっています
フラット7は車体本体価格から残価(売買予想価格)
を差し引いているのでお支払いは乗った分だけになります。
そのために月々のお支払いも軽減できます。

この方法ができるのにも理由があります。
まず普通車に比べてかかる費用が少ないという事
さらに軽自動車の再販率が高い事に由来します。
中古車販売サイトなどを見てみても一昔前はある程度の
軽自動車なら50万円ほどで買えました。
しかし今の中古車市場は100万円を超えるような軽自動車が
当たり前のようにあります。車両価格が高くなっている以上に
それだけ軽自動車の需要が大きいことを意味しているのです。
こういった背景からもフラット7は無理なくお客様に新車を
ご提供できるサービスとして広がっているのです。

もし事故にあってしまったらどうするの?

7年間も使っているとなると当然、大なり小なり事故にあってしまう事もあります
事故の程度にもよりますが修復可能ならお客様には保険、または実費で修理して頂きます。
修復しない場合は、7年後のリースアップ時に別途金額がかかる場合があります。
これも売買予想金額から本体の費用を差し引いてその金額でリースを行っているため
どうしてもその状態に戻していただけなければなりません。
そのために当社ではリース契約時に任意保険に『車両保険』をお勧めしています。
自分が注意していても向こうから事故が襲ってくる場合もあります。
万が一を考えれば入っていた方がよいといえます。
さらにリース車には特別な7年間リース保険があります。
これは7年間の保険料を一定にしてお客様に支払ってもらうものになります。
近年、保険料の改定が頻繁に発生し等級が上がったにもかかわらず、支払う金額
が多くなってしまう事があります。
しかしこのリース用保険は金額を決めたその年から7年間保険料の変更はありません。
保険料が一定なので当然お客様には月々の支払額が明確になるのです

まとめ

いかがでしたでしょうか?
疑問は解決しましたか?
もしご不明な点がありましたらフラット7飯田中央店にご来店下さい。

Follow me!