ヘッドランプの黄ばみは落とせるのか?

先日あるお客様
「最近車のヘッドライトに黄ばみがついてるけど
あれって落とせるの?」
と聞かれました。
実際に中古販売車として並んでいる車にも黄ばみや
曇っている車はあります。

この黄ばみの原因は熱や紫外線によってヘッドライト
の材質であるポリカーボネートが劣化することによって
発生するものです
この黄ばみを落とす物はカーショップに大量に売ら
れています。
実際に使ってみると結構落ちるものもあります

しかし、数ヵ月後には落ちたはずの黄ばみが発生してきます。
「せっかく落としたのに」
とがっかりしてその黄ばみを放置する方もいます
これを防ぐためには黄ばみを落とした後
さらに表面を極薄に削るという作業をします
その後表面にコーティングを塗るという作業をする
ことで1年ほどは効果が出ます。
この話をすると

「黄ばみ落としが1年ほど?2年以上効果が続くって某カーショップで
言ってたのもあるよ」

といわれます。
しかし黄ばみや曇りが出てくるということはその車は
相当年数が経っているといえます
つまりヘッドライト自体も新車の頃から同じように年数が
経っていているのです
表面の研磨、コーティングで全くの新品になったわけでは
ありません。

1年ぐらいと書いたのは2年以上持つといっておきながら
2年以内に再び黄ばみ、曇りがでてくるというトラブルが
結構あるからです
ですので黄ばみ、曇りに関しては施工して1年ぐらい
といっている所は信用していいと思います

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 − five =