マツダのミニバンMPVの思い出

先日、マツダがミニバンから撤退するというニュースが
流れました。
当初聞いた時は半信半疑でしたがどうも本当らしくかなり
驚きました。
現在マツダのミニバンといえばMPV、プレマシー、そして
ビアンテの三車種がありますがこれが無くなるのです。

滝自動車に入るまでには私はマツダにいた事がありました
現行のMPVや前の形のプレマシーも販売をしたことがありました
ちょうどMPVが出た時は私は中古車担当でしたが混売体制に移ろう
としていたので運良く売ることができました。

最初に売った方はそれこそ、何度となく店に来ては現車を見たり
試乗をしたりと慎重に車を決めようとしていました。
私自身も何度も説明をしたり見積もりを作ったりと始めてのMPV
という事もあってかなり緊張をしていました。

やがて迷ったその方はMPVと特別仕様車のプレマシーのどちらか
にするように言いました。
当時一緒に対応してくれた店長は
「お客さん自身も何が必要なのか混乱しているが時間が経てば必ず
MPVに決めてくれる」
といいました。
MPVにするようにこちらから言わなくてもいいのか?と心配していました
が後日その方はMPVに決めてくれました。
私がいた店舗ではそれが第一号のMPVでしたのでその車に愛着が湧いていました
車にもブームがあります。
マツダが撤退する理由にミニバンが売れなくなってきているというのがありますが
もしまたミニバンがブームになった時はぜひMPVを復活させてほしいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × five =