下回り塗装

そろそろ秋も中盤世間では冬用の新商品が並ぶようにな
りました。
車屋でいう冬商品といえばスタッドレスタイヤの他にも
重要なものがあります。
それが下回り塗装です

これは雪を溶かすために道路に散布される塩カルに
よって車の下側が錆びてしまうのを防ぐために施工され
る物です。

なぜこの時期なのかというと冬タイヤに変える際、車を
リフトアップする時下回りをちょうど見れるからです
「かなり錆びているからこれ以上悪化しないうちに
下回り塗装をしませんか?」
といわれて事はないでしょうか?
この地域も雪が降った際に日陰などで中々雪が溶けない
場所があるため、塩カルを思いっきり撒いてしばらくは
撒かないという道路があります
そういう道路を例えば通勤で通るとなると2,3年の内に
下回りが錆びだらけになります

そうなってくると自動車の足回りにも影響があります
お客さんの中には
「最近の素材は防錆鋼板を使ってるから大丈夫でしょ?」
という方もいます
しかし、それは錆びにくいというだけであり決して錆びない
という事ではありません。

心配な方はこの際、下回り塗装を一度試して見てはどうで
しょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =