朝、突然ハンドルが重くてインジケータが着きまくった時の対処

朝、突然ハンドルが重くてインジケータが着きまくった時の対処[post_grid id=”1107″]

雪が降る日が続いています。
こんな日には意外なトラブルがあります。
『朝車を動かそうとしたらハンドルが凄く重たい
しかもインジケータにランプが何個も点灯している』
という連絡をお客様から頂きました。

昨日の夜は何も無かったのに朝になって急に
しかもランプが大量に付いているため余程の事では
ないのか?

点灯しているランプは『ABS』『横滑り防止』『スマート
シティブレーキサポート』でした。
これほど点灯しているという事はディーラーに持っていかない
と直らないのでは?と思う方もいるかもしれませんが
実際、この症状は10分も掛からずに治りました。
ではどうやって直したか、というとフロントガラスを拭いた
だけです。

最近の車には衝突回避機能を持つ車が多くあります。
この衝突を検知する為のセンサー付近に汚れがあると
センサーが誤作動をおこしてしまうのです。
そうするとハンドルが重くなりABS、横滑り防止が効いている
状態になります。

センサー周辺の汚れに全く心当たりがないと思いますが
雪には大気中の埃が大量に付着しているため溶けただけでも
かなり汚れます。

同じような症状になった際には是非慌てずにセンサー周辺の
汚れを取って下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + eighteen =