新車スクラムワゴンのガラスコーティング

 本日は新車のスクラムワゴンのガラスコーティングを行いました。
朝は若干天気が良かったのですぐに洗車に取り掛かりました。

IMG_0020

 

さすが新車だけあって水をかけてもコーティングのように水玉が出来ます。
しかしこれも良くて数ヶ月もしないうちに消えてしまいます。
そうさせないためにも車にキズが付いていない新車のうちに
ガラスコーティングを行うのが長い間綺麗に保つための秘訣です。

車全体を水で洗った後、すぐにガラスコーティング・・・ではなく
油膜取りを行います。
いくら新車でも長時間の輸送をされてきていれば排気ガスなどの油分
が付着しているはずです。
この油分をIPAと呼ばれるアルコールで落とします。
水で薄めたIPAを吹きかけてマイクロファイバークロスで丁寧に拭き取ります。
軽自動車で屋根まで手が届かないバンタイプですので若干時間がかかります。

この作業が終わるといよいよガラスコーティングです。
このガラスコーティング剤を少量を塗ったあと水で濡らしたマイクロファイバー
クロスでそれを全体に隙間なく伸ばした後、固く絞った別のマイクロファイバー
クロスで吹き上げるという作業の繰り返しをします。
ボンネットやドアを一気に塗らないように小さい面積を少しづつ少しづつ行い
ます。

IMG_0026
手の届かない所だと忘れがちになりそうな屋根の部分も丁寧に拭き上げます。
運良く午前中に作業が終わったので午後は埃が着かないように乾かして完成です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 4 =